転がってでも前へ。

気づいた事、好きな事などの雑記。

脱Evernote!のために試したこと。

どうも、ばれいしょです。 更新をサボりすぎました。
docomoの恩恵で得ていたEvernoteのプレミアム機能を1年間無料を使い切った後、即60MBを使い切ってしまって、これはイカンと。
その上9月であれば40%オフでプレミアム会員になれたということを知り、これは自分がアカンと。 台数制限も地味に痛いので、ここらで脱Evernoteするために他のサービスで代用を検討してみました。

私がどうしても欲しい機能は

  • あとで読む
  • 簡単なメモ
  • 料理のレシピを記録 この3つです。

あとでよむ

EvernoteではAndroid端末からのWebクリップが上手くいかず、どうにかして保存する方法を模索していました。
色々探しましたが、検索すれば出てくる定番の2つのサービスを試してみました。

instapaper (有料版)

www.instapaper.com

これは以前から使っていました。 有料版サービスを無料で使用できていたのですが、ここ最近有料化していました。記事の検索機能を使用するためには有料化が必要だったため、有料版デビュー。
しかし、 検索に使用するキーワードが日本語だとうまく検索にひっかかりませんでしたね。英数字は問題なかったのですが…大量に貯め込む予定なのでちょっと残念。 Googleからの課金の場合、48時間以内であれば払い戻しが出来るとのことです。私ばれいしょも無事払い戻ししてもらいました。
定期購入でも払い戻しできるのは初めて知りました。

support.google.com

Pocket (無料版)

https://getpocket.com/getpocket.com

検索機能を比較したかったので使用してみました。無料版では記事のタイトルのみ検索対象になっていて、本文も検索するには有料版とのことでした。
instapaperもPocketも、Chrome用の拡張機能で1クリックでクリップできるお手軽さは非常に良いですが、検索機能の点を見るとPocketに軍配が上がりますね。
少し高いのが唯一の難点でしょうか。Webクリップのために年間4,500円を支払うのは、収入の少ない私にとって簡単に手が出ないです。そうでない方は一度無料版で試してみてはいかがでしょうか。
私はしばらくは無料版を使ってみて様子を見ようと思います。

簡単なメモ

Keep (無料)

Googleクラウドメモのサービスです。こちらもinstapaper同様、以前から利用していました。
ふと思いついたことをメモ、チェックボックス付き、ちょっとした図を描いたりリマインダーも設定できる結構優秀です。
がっつり長文と画像をふんだんに使ったノートを作成するというよりは、アイデアを忘れないようメモしたり、買い物メモなど、1つ1つの内容が短いものが向いています。アナログのメモ帳をペリッと剥がして書き込むくらいの軽いメモを取る感覚で使用すると良いのかなと思います。
それに加えて、Gmailにあるようなラベル機能がついており、Evernoteのノートブックのようにジャンル別に仕分けする事も可能です。
PCからはログインしていないと使用できないので、環境によってはちょっと不便な部分もありますが、スマホのアプリで使用するには十分でしょう。

Simplenote (無料)

https://simplenote.com/simplenote.com

Markdown表記が可能なテキストのみ対応のシンプルイズベストなクラウドメモのサービスです。 そのおかげでとにかく動作が軽い
その代わり、画像の貼り付けはできません。これで画像を貼り付けられたらこれ1つで用が済みそうですね…。 また、台数制限もなく、AndroidiOS、PC版も用意されているので、見る場所を選びません。
Markdown表記はEvernoteも一応対応しているのですが、見出し等重要なものが使えなかったりと中途半端な実装になっていたので、Markdownの書き方を覚える良い機会にもなりますね。 Simplenoteはそのまま残しつつ、別ソフトで画像や音声ファイルを貼り付けられるソフトがあれば嬉しいですね。有料でも使用したいです。

料理のレシピを記録

料理をすると、レシピはネットで拾ったものですが、そこからの派生でオリジナルなものが出来上がったりしますよね。
そうやって出来上がった自分なりのレシピを記録したいので、画像を複数枚挿入できるクラウドメモのサービスを探してみました。

Zoho Notebook (無料)がEvernoteの代わりに?

画像を好きな場所に挿入できるようなので、インストールと会員登録をしてみたところ、設定画面に「Evernoteからの移動」というものがありました。どうやらEvernoteからデータをインポートできるようなのです。今までのサービス紹介は一体何だったのか。
しかし、データ量が多いので、プログレスバーが一向に動きません。かなり時間がかかるようです。 f:id:potetoimo:20181010230658j:plain

下の英訳は以下のとおりです。
できるだけ早くあなたのEvernoteデータを取得しています。 Evernoteはこれを本当に簡単にはできませんので、しばらくお待ちください。移行が完了したら通知させていただきます。

まとまらないまとめ

いかがだったでしょうか。
といってもまだNotebookの処理を待っているところなのですがね!数時間経過した今もなお鋭利処理中のようです。完了の通知が届き次第、記事を更新したいと思います。
個人的には、新しく使用し始めたSimplenoteの爆速感に感動しました。テキストのメモだけでもEvernoteから手動で少しずつ移行作業をしていこうと思います。

うたわれるもの、新しい展開あり。

どうも、ばれぃしょです。

つい先日、『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄』のリメイク版が、PS4、Vita版で発売されましたね。PS4版を買ったよ。アニメやラジオは見ていたけれど、当時SRPGがどうしても出来なくて、ゲームはやってなかった。
あれから十数年後、ようやく続編の『偽りの仮面』、『二人の白皇』が発売されて、シナリオとしては終わりを迎えた……はずだった。

新作発表

うたわれるものSRPGとアドベンチャーの構成だったのが、新作発表。なんとアクションゲーム。タイトルは『うたわれるもの斬』。
とんとん拍子にフィニッシュを迎えられて「え、でもこれ、本当に終わったの?」という実感もなくポカーン( ゚д゚)としていたところなので、動きがあるのは素直に嬉しい。

うたわれは世界観が完全に新しい世界のものになっているので、そこに没入出来るような作りになっているとありがたいなあ。
キママゥを倒しまくってレベルを上げるもよし。モロロを作って育てるもよし……って、これだとトゥスクルが舞台になっちゃう。アマムニィ片手にオルケ討伐したい。
あと飯の話もこだわりがあって好き。ルルやんと樹液をとってきて料理したい。

aquaplus.jp
斬のページ、流石にまだコンテンツ何もないかあー、と思ったら……。

スタッフ募集!

シナリオライターと3Dデザイナーの募集がされているではないか。
『うたわれるもの』が大好きなスタッフ大募集!!|採用情報

おそらく斬の開発に関わる事が出来るのだろう。
シナリオライターで記念応募……とも思ったけれど、また引っ越しするのか、ゲーム業界のハードな環境下でまた働くか、なんといってもプレイヤー目線で楽しみたいというのもあるので、断念。ゲーム開発疲れたからね、仕方ない。
アクションゲーム用に3Dモデルは一から作り直すみたいだし、一から関われるチャンスではあるね。

WEB連載開始

電撃G’sコミック(ニコニコ漫画より)『うたわれるもの 散りゆく者への子守唄 集』というタイトルで、コミックが連載られている。
本編のコミカライズ化ではなく、(おそらく)ゲームにはなかったギャグパートが描かれている。シリアスなのも良いけれど、DVDに付属しているようなちょっとぶっ飛んだお話が好きなので、そんな展開になってくれるといいなあと思ってます。

今のところ1話まで。アルルゥのお話で、キャラの性格も違和感なく面白かった。これからも楽しみ。
seiga.nicovideo.jp

【docomoユーザー限定】Evernoteプレミアム会員が1年間無料?

どうも、ばれぃしょです。

メールをチェックしていたら、こんなメールが届いていました。

「【docomoのお客様限定】Evernoteプレミアムを1年間無料でお試し」

Evernoteには4つの料金プランが用意されている中の1つで、5,200円/年のプランになっていて、他にはベーシック(無料)、プラス(3,100円/年)、Business(1,000円/月)があります。
ベーシックでも充分使えたのですが、最近は制限が設けられ、使いづらくて困っておりました。

プレミアムになると改善される事

ベーシックプランの使いづらい部分は2点。

1.インストール台数

インストール出来る端末数に制限が設けられ、2台までしかインストール出来ません。
有料プランになると、これが無制限になります。

2.アップロード容量

月間のアップロード容量が、60MB/月と少なく、ノートに画像を使うとあっという間に終了です。メモが取れなくなります。
有料プランになると、容量がGB単位になり、少なくともメモが取れなくなって詰む事はなくなります。

もっと色々あるのですが…

本来は、たくさんの機能を使いこなす事に意味があると思うのですが、今回は、ベーシックプランに不満があるのでとりあえず1年間無料で良いように使いたい、という人に利があるのかな、と思います。

注意点

この無料キャンペーンは、メール内のリンクから出ないと適応されないので注意が必要です!
メールの文章からスパムメールを疑いましたが、送信元が公式のものでしたし、その後公式に対して問い合わせをしましたが、このキャンペーンに関して認知していたので、安心して頂きたい。

また、docomoのホームページにも記述がありました。
www.nttdocomo.co.jp

Amazonでポチる前に考えておきたい5つの事。

こんにちは、ばれぃしょです。

ネット通販でトイレの中でも買い物ができる世の中ですが、それは本当に欲しいものですか?

小島よしお、2万円

以前、某オークションサイトで出品されていた小島よしお(本人)さん。

一瞬だけ欲しいと思うかもしれません。ですが、よく考えてみれば本当に欲しいものではありませんよね?(奥様には申し訳ない話なのですが。)
ここまで特殊なケースは稀ではありますが、パッと見で欲しいと思ってポチってしまう事は少なくありません。
しかし、この「欲しい!」という気持ちは、その取り扱いこそ難しくはありますが、その気持ちがあるからこそ、人生が彩られている事も確かな事実です。
「欲しい!」と真剣に向き合う事こそ、無駄遣いをなくすコツだと思います。

そこで、僕が買い物をする時に気をつけている事をまとめてみました。

欲しいと思ったら考える事

1.生活必需品は迷わず買う

例外として、食べ物や飲み物、トイレットペーパーなど、嫌でも使うものは迷わずポチってしまいましょう。
トイレットペーパーに関しては、水に流せるポケットティッシュで生き延びた過去があるので強く主張します。余るほど買っておいた方がいいです。

2.欲しいものについて調べる

欲しいものについて、本当に知っていますか?
例えば「水筒」1つをとって考えてみても調べる事はたくさんあります。

  • どれくらいの時間保温するのか。
  • 評価は良いか、それは信用に値する内容だったか。
  • メーカー別に特徴はないか。インスタ映えの見た目重視なのか。
  • タンブラーで代用出来ないか。
  • そもそもペットボトルで充分なのでは、

最低1週間は続けると効果が出ます。時間をかけて面倒くさい工程を経て購入するだけでも、とっさにポチる回数が減るでしょう。

3.ほしいものリストで満足?

たくさんの「欲しい!」という気持ち、ほしいものリストでまとめてみましょう。
ジャンル別、欲しいレベル別、頭のなかで整理しやすい基準を自分の中で決めていくと後から見た時に整理しやすいですね。
リストを眺めていると、「これはいらない」というものが1つくらいあるものです。

Amazon以外のサイトでこういったほしいものリストシステムがない場合は、メモアプリなり、GoogleのKeep、Evernoteなりにまとめてみましょう。
あまり使っていなかったアプリの使い方を学べる良い機会にもなります。

4.買わなくても、今の生活は維持される

特に嗜好品に言える事ですが、それを買わなかったから死んでしまう事はめったにありません
もしかしたら、自分の人生を変えるきっかけになるんだ!という確信があるのかもしれませんが、だからこそ慎重になりましょう。
買い物の失敗談は笑い話の1つにはなりますが、失ったお金と、それを考えてひとり落ち込むのも自分です。

5.無料版を使い切ってみる

シェアウェアサブスクリプション(月額いくらで見放題)等のサービスに多いパターンですね。
近頃の有料サービスは1ヶ月無料など、じっくり考える期間が設けられています。まずはそれをしゃぶり尽くしましょう。
使い方は千差万別。細かいところに手が届かないケースがないか、じっくりと観察してみて下さい。
それと、もし必要ないものであった場合、無料期間が終わる前に解約を済ませましょう。

まとめ

衝動買いしてしまう人というのは、熱しやすく冷めやすいタイプに人が多いような気がしてなりません。
僕もそのようなタイプの人間です。1つの事に情熱を持ち続ける事が難しいです。たった5年と情熱をもたせる事は困難です。そういった人でなくても、5年前に大好きだったものが今でも大好きだという事は実に稀です。

本当に欲しいものに出会うためにも、そうでないものを買ってしまわないよう、一度立ち止まって、冷静になってみてはいかがでしょうか。

なぜか洋ゲーっぽさを感じる『スーパーマリオ オデッセイ』が気になる!

どうも、ばれぃしょです。

療養生活に専念していたら、ブログを5ヶ月放置してしまいました。
スローペースで更新していこうと思っているので、たまに覗いてみて下さい。

今回はNintendo Directで発表された、あの内閣総理大臣のゲームを紹介します。

スーパーマリオ オデッセイ

数日前、Directで見たトレーラーとは別の動画が公開されました。
映像を見ただけなのに、なんでこんなにワクワクしているのか。
youtu.be

現実にありそうな世界観

本当に現代が舞台のようです。
周りの人間はマリオより等身が高くて、多少の違和感はありますが、私はこれ好きですね!
従来のステージは少し飽きていましたし、長年のファンとしては、このくらい革新的な発想の方がウケはいいのではと思います。

スーパーマリオランでも、『クッパにさらわれたピーチ姫をマリオが助ける』お話で、
今回もまあ、ピーチ姫を助けるお話なんですけれど……。
マリオは、これぐらいしないと外に出ない出不精な男なのでしょうか。

新システム

今回の新しいシステム、帽子を投げて敵に乗り移る事が出来る「帽子投げ」システム。
帽子投げされた敵の顔もユーモアがあって、きっとこのゲーム、楽しく作っているんだなあ……というのがこっちまで伝わってきます。

これを見て思い浮かんだのはウォッチドックス。
敵をうまく利用するという点では、何となく近いものがあります。
こちらも今までにない攻略の仕方で、やってみたくなる理由のひとつですね!

シリーズ初、CERO B!

CEROとは、ゲームソフトの対象年齢判別するためのマークのようなものです。
マリオシリーズではずっと全年齢版の「CERO A」だったものが、今回は「CERO B」になっています。
CERO Bは12歳未満の小学生はプレイ出来ないのです。買っちゃうんだろけど

マリオさんの海パン姿のせいか?と思ったのですが、プレリリースを見るに、
「暴力」と「オンライン対話性」によってついた模様。

2017 media releases | Australian Classification

思い切った内容で、面白い予感しかない!

もちろん購入予定で、予約も済ませています。
遊び心満載な今作、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょう。
発売日が楽しみ。

★おまけ

公式ホームページにある、音楽のON、OFFの表示にカセットを使っていて、ON、OFFで違う「カチッ」という音が流れます。
どこまでこだわり抜いているんだろうと、ちょっと怖くなります。
スーパーマリオ オデッセイ | Nintendo Switch | 任天堂

孤独が解消される、分身ロボットOriHime

どうも、ばれぃしょです。

バンキシャ!で特集されていた、孤独を解消する「分身ロボット OriHime」にキュンとしたのでメモっておきます。

orihime.orylab.com

OriHimeは持ち運びが可能で、顔にカメラが搭載されていて、顔と腕が動かせます。
専用のアプリを使って文字を入力、音声出力が出来、自分がその場にいなくても、OriHimeのそばにいる人とのコミュニケーションが可能です。

一瞬お留守番用のカメラなのかな?と思うけれど、そもそものコンセプトが全く違います。

孤独を感じないために

OriHimeを開発している吉藤健太朗さんは、幼少時代不登校で家に引きこもっている時期があったようで、その時の孤独感をどうにか解消出来ないかと考えられたようです。
それを実現させている事だけでもすごいのですが、「人それぞれ孤独を感じる部分が違う」とも言っていて、ここにすごい感銘を受けました。

体の不自由な人と一括りに言っても、それぞれ都合の悪い部分というのは違いますからね。手段はその数だけ存在するということでしょう。
番組でやっていたのは、目線しか動かせない人に対しての目線でOriHimeを操作出来るよう専用のアプリを使って、音声での会話や感情表現をOriHimeが代わりに行っていました。
人によって、どうして孤独に陥っていくのか、という部分は違うので、そういった人それぞれにOriHimeが降臨していくと思うと、結構胸熱です。

身体的な理由の部分がクローズアップされていましたが、身体は問題なくとも、精神的な理由の部分が解消されていく部分も見たかったですね。
いじめの場合だとOriHime越しにでもなにかやらかしてくるとは思うので、そういう輩にはどういう対処をOriHimeがしていくのか。

デカイOriHime開発中

Webページに乗っているOriHimeは結構小さいのですが、Pepperくらいの大きいものも開発しているようなので、将来、「自分自身を介護する」という事も可能かもしれない。
……と、吉藤さんもおっしゃっていましたね。ぜひお世話になりたいので、待ってますよ。介護機能!

Evernoteで複数のノートブックのまとめ方。

どうも、ばれぃしょです。

ノートをノートブックを使ってまとめるやり方は知られていると思いますが、ノートブックの分類訳をするそのノートブックをまとめるスタックというものが存在します。

イメージ図

スタック (1)
┃  
┣ノートブック(1)  
┃  ┗ ノート たくさん  
┣ノートブック(2)  
┃  ┗ノート たくさん  
┗ノートブック(3)  
   ┗ノート たくさん 

スタックの作成方法(Web版)

Evernoteにインストール台数制限(2台まで)が入ってからというもの、Web版を重宝しておりますので、今回はWeb版のご紹介。

  • ノートブックの一覧を表示する
  • スタックに入れたい2つ以上のノートブックを用意
  • どちらかをもう片方にドラッグ
  • スタック作成の画面に遷移するので、スタック名を決める

スタックの削除方法(Web版)

スタック内のノートブックが0冊になると自動消滅します。
ノートブックをドラッグアンドドロップでスタック外に移して下さい。

PC版、Android版、ios版でも出来る

PC版はだいたい同じ流れですが、Androidios版は設定画面を開く等、操作が多少異なります。
詳細は公式で確認してみてください。
https://help.evernote.com/hc/ja/articles/208314158-%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%92%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AB%E3%81%BE%E3%81%A8%E3%82%81%E3%81%A6%E6%95%B4%E7%90%86%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95