転がってでも前へ。

無職になった者の気づいた事、好きな事などの雑記。創作やマイクラも少々やる予定。

Nintendo Switch、どこまでが付属品なの?

どうも、ばれぃしょです。

衝動買いしました。
地元のトイザらスで予約無しで購入する際、付属品とそうではない周辺機器との違いが良く分からなかったので、まとめてみました。

本体に付属するもの

Nintendo Switch本体

WiiUでいう画面の付いたコントローラー、GamePadが画面だけになったようなものです。これ自体がSiwtchの本体となり、持ち歩きが可能になっています。

持ち歩きの際、本体は充電する必要があります。充電のためのケーブルは付属しています。 この充電ケーブルは、TVでプレイする際は必ず接続する必要があります。

Nintendo Switchドッグ

本体をカチッとして、HDMIとUSB(type-cと思われる)を接続してTVに移すためのものです。

Joy-Con

WiiWiiUで使われていた、Wiiリモコンのようなものです。 Joy-Conは電池ではなく充電式になるのですが、充電は本体に刺した状態の時のみ可能です。 それ以外の方法で充電する場合は、別途周辺機器を買う必要があります。

Joy-Conストラップ

Wiiリモコンのように扱うために使用します。これもカチッとして接続します。

Joy-Conを外す際に、このストラップの下にある『Lock』と書いてある白いつっかえを引っ張り、Lockを解除する必要があるのですが、
外す際にこれを押し込んでしまって、また外れなくさせるという負のスパイラルに陥る仕組みになっています。
他人と対戦しないお一人様の方は、これにはあまり触れないようにしたほうがいいですね。他の機器は外しやすいのですが、これだけ難易度高かったです。

Joy-Conグリップ

Joy-Conをコントローラーのように使う際にカチッとするやつです。TVでプレイする際はこれを使うようになります。
付属しているグリップだとJoy-Conの充電が出来ないので、このグリップを使って充電しながら半永久的にプレイするためには別途周辺機器を買う必要があります。

HDMIケーブル1本

おなじみの映像・音声ケーブル。1.5mとあまり長くはないですが、TV台にお区分には十分な長さですね。

結構充実いていると思いきや……

使用していると、色々不便に感じる部分があります。正直付属しておいてくれというものもありますが……。

別途購入を検討する周辺機器

Nintendo Switch Proコントローラー

Joy-ConグリップにJoy-Conをカチッとしている時と同じようなものです。
形が従来のものと似ているので、コントローラー1つで遊ぶ方が落ち着くという方にはオススメだと思います。

Joy-Con充電グリップ

充電しながら半永久的にプレイするためには別途周辺機器を買う必要があります。といっていたものの解決策です。
付属品のJoy-Conのグリップにカチッとした状態では充電が出来ず、3時間強で果ててしまいます。 付属してくれててもいいのに……。
Proコントローラーを買わないのなら、こちらは買っておくと良いかと思います。

Proコンより安いですし、私はこちらを買う予定です。

Nintendo Switch キャリングケース

本体を持ち歩く際のケースです。公式サイトではハードケースが紹介されていますが、トイザらスではソフトケースも売っていました。
本体のフィルムも付属しているので、これはプレイスタイルに関係なく買っておくと良いですね。
(ソフトケースは公式のものではないので、フィルターが入っているかは不明です。)

本体の画面は滑りが悪いので、フィルム目的で購入する予定です。

まとめ

Joy-Conの充電の仕様により、周辺機器を半ば強制的に買わされる羽目になってはいます。

ですが、WiiUのGamePadとWiiリモコン装着型のキューブコントローラーを使ってバーチャルコンソールを遊ぶスタイルが、個人的に結構気に入っておりまして、
本体だけで遊んだりTVで遊んだりをSwitch出来るのは、ナイスなコンセプトだと思います。

また、今後PS Plusのフリープレイのようなサービスを開始するようです。サービスの本スタートする秋までは無料で体験出来るようです。
とりあえずSwitchを買って、ゼルダと体験版を遊んでいれば、そのうち遊び放題なタイトルに遭遇して、割と時間を潰せるのではないかと思います。
それなりにわくわくする仕上がりになっているのではないでしょうか。

欲しいと思ったら田舎へGOです!