転がってでも前へ。

気づいた事、好きな事などの雑記。

なぜか洋ゲーっぽさを感じる『スーパーマリオ オデッセイ』が気になる!

どうも、ばれぃしょです。

療養生活に専念していたら、ブログを5ヶ月放置してしまいました。
スローペースで更新していこうと思っているので、たまに覗いてみて下さい。

今回はNintendo Directで発表された、あの内閣総理大臣のゲームを紹介します。

スーパーマリオ オデッセイ

数日前、Directで見たトレーラーとは別の動画が公開されました。
映像を見ただけなのに、なんでこんなにワクワクしているのか。
youtu.be

現実にありそうな世界観

本当に現代が舞台のようです。
周りの人間はマリオより等身が高くて、多少の違和感はありますが、私はこれ好きですね!
従来のステージは少し飽きていましたし、長年のファンとしては、このくらい革新的な発想の方がウケはいいのではと思います。

スーパーマリオランでも、『クッパにさらわれたピーチ姫をマリオが助ける』お話で、
今回もまあ、ピーチ姫を助けるお話なんですけれど……。
マリオは、これぐらいしないと外に出ない出不精な男なのでしょうか。

新システム

今回の新しいシステム、帽子を投げて敵に乗り移る事が出来る「帽子投げ」システム。
帽子投げされた敵の顔もユーモアがあって、きっとこのゲーム、楽しく作っているんだなあ……というのがこっちまで伝わってきます。

これを見て思い浮かんだのはウォッチドックス。
敵をうまく利用するという点では、何となく近いものがあります。
こちらも今までにない攻略の仕方で、やってみたくなる理由のひとつですね!

シリーズ初、CERO B!

CEROとは、ゲームソフトの対象年齢判別するためのマークのようなものです。
マリオシリーズではずっと全年齢版の「CERO A」だったものが、今回は「CERO B」になっています。
CERO Bは12歳未満の小学生はプレイ出来ないのです。買っちゃうんだろけど

マリオさんの海パン姿のせいか?と思ったのですが、プレリリースを見るに、
「暴力」と「オンライン対話性」によってついた模様。

2017 media releases | Australian Classification

思い切った内容で、面白い予感しかない!

もちろん購入予定で、予約も済ませています。
遊び心満載な今作、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょう。
発売日が楽しみ。

★おまけ

公式ホームページにある、音楽のON、OFFの表示にカセットを使っていて、ON、OFFで違う「カチッ」という音が流れます。
どこまでこだわり抜いているんだろうと、ちょっと怖くなります。
スーパーマリオ オデッセイ | Nintendo Switch | 任天堂